マッサージベッドや介護用品で快適な暮らしを|しんどい身体が復活

周りを汚さない

エプロンの必要性で変わる価格

介護には様々なシーンに合わせて、必要な機能からユニフォームを選ぶ事が出来ます。施設内で行う際よりも、訪問介護で相手の自宅内で世話をする時には、あらゆる作業を必要とされます。決められた作業がないため、どんな仕事にも対応出来るように身構えておかなくてはなりません。例えば、料理や洗濯、それから食事補助等の必要性も増えて来ます。そうなると、介護のユニフォームを全体でコーディネートする場合には、少し必要経費が上がります。油や水の跳ねを防ぐためのエプロンを3,000円〜4,000円くらいで購入するのが、一般的な選び方となっています。使用するかどうかはもちろんその福祉サービスの考え方によりますが、中のユニフォームを汚さないメリット等も考えてみて下さい。

ユニセックスから性別専用への変遷

福祉施設で働く人達は女性も多く存在している中、男性の活躍も注目されるようなりました。介護のユニフォームで選ばれる服は、ほとんどがユニセックスであり、それぞれの性別に特化したものはほぼ使用されていませんでした。しかし、着心地や見た目をしっかりと考慮するのであれば、やはり性別にあった作りである事が不可欠なのです。仕事着としてこだわりを持って愛用してもらったり、効率の良い作業を自信を持って行ってもらう意味でも、こうした計らいは大切です。中でも男性専用の服はまだまだ導入が数なく、エプロン等の着丈がしばしば問題になっています。女性物よりも長めでゆとりのある設計、そして誠実な色合いにする事で、洗練された雰囲気を演出できます。